2011年10月30日

医療側、診察側が飲まない、患者観察だけの医療が 誤診を招く

医者の論文どれだけただしいのか

塗り替え論は過去にどれだけあったのか


製薬会社に都合のいいような論文が


水溶性ビタミン剤は尿に流れる説は否定され、水溶性ビタミン剤は酸を中心になかなか尿に流れないのが正しい。


過剰摂取は 致死量に相当するが、数字が確立されていない。


【関連する記事】
posted by ミラクルポリス at 15:16| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: