2008年11月19日

リポD オロナミンはブラックライトで青く光る

青く光るのは発がん性と騒いでいる人がいるが果たして真相は?


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311374748?fr=rcmd_chie_detail

posted by ミラクルポリス at 18:58| Comment(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

製薬会社に実在した、栄養ドリンクで?脳梗塞や、心不全、癌、心臓発作・ボロボロだね


リンク引用

埼玉県在住の41歳。これまで化学メーカー→健康食品メーカー→製薬会社と、3社で研究開発と営業を経験。前社に在職中に心臓病と脳梗塞を併発。さらに入院中に解雇宣告を受けるなどの試練を乗り越え、7月に転職。現在は某商社の健康食品を扱う部署で中核社員として活躍中。


脳にも動脈りゅうが見つかる
待っていたのはクビ宣告
林さんの主な経歴

1988年 4月 25歳
化学メーカーに入社 研究室に配属。技術者として化学、医薬製品の開発に従事

2002年3月 38歳 
退社

2002年9月 38歳 
健康食品メーカーに営業職として入社

    11月 40歳 
    営業課長に昇進

2004年3月 40歳 
    退社

2004年6月 40歳 
製薬会社に営業職として入社

2004年10月 40歳 
心臓発作で入院

2005年1月 40歳 
入院中に解雇宣告を受ける

2005年2月 41歳 
    解雇

2005年4月 41歳 
退院→【人材バンクネット】に登録。転職活動開始

2005年4月 41歳 
クラレテクノ・粟野コンサルタントはじめ、7通のスカウトメールゲット

2005年5月 41歳 
喉の手術

2005年7月 41歳 
化学関係の商社に入社。健康食品部門に商品開発兼営業職として配属

↓リンクはパソコンのみ

https://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/te/017/


石原裕次郎さん

加藤茶さんは動脈りゅう

posted by ミラクルポリス at 18:18| Comment(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

リポビタンで肝臓疾患?60歳前に死亡(リンク


http://awamorimorimori.iza.ne.jp/blog/entry/73647


私の大好きだったほうの叔父、いえ伯父も好きでしたが、叔父は薬局、田舎でやってて私が高校のときは毎日リポビタンD 一本をくれましたから。これはよく儲けるんだと丸い顔を更に丸くしてくれた叔父さん、薬の飲みすぎだと私はにらんでるんですが、60前に肝臓疾患で亡くなりました。


リポビタン毎日飲めば短命、寿命20年〜30年説浮上


posted by ミラクルポリス at 09:49| Comment(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

低脂肪加工乳はよくない・・リンク

http://www.rda.co.jp/topics/topics3151.html
低脂肪加工牛乳はよくない・・口内炎の治し方でも適さない・治りが悪いのです


posted by ミラクルポリス at 18:09| Comment(1) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

ビタミン剤含む厚生労働省の副作用報告書はこんなにおかしい!(平成16年版)

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/07/s0721-6b.html





何がおかしいかというと症例が11111111111・・・・・1なのである。こんなことはありゃせんいーっぱいあるのだ

薬品名がまったく入っていません!いちいち成分見ないと見分けられない!
posted by ミラクルポリス at 15:02| Comment(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

栄養ドリンクは、糖尿病、肝臓がん、子宮ガン、胃ガン、乳癌になる

http://www.iikami.com/ikumou21.htm

栄養ドリンク剤の弊害
  「元気が出る」「ファイトもりもり」「疲れた体に栄養補給」等々、テレビや雑誌のコマーシャルを見ていると、大半の人達は即効 性のある栄養剤のような錯覚を起こしてしまうのがドリンク剤です。
 長年、お茶代わりに飲んでいてガンになってしまった人、骨粗しょう症になってしまった人、歯がボロボロになってしまった人、栄養素と勘違いして食事を減らし、ダイエットに用いて全頭脱毛症になった女性、薄毛になった女性等々、心身と毛髪の健康を損ねた人達が身の周りに大勢存在し、その悲惨な状況も見ています。
 
 健康増進の為に、又そのように思わせる宣伝、誰もが疑う余地も無く飲むドリンク剤の大半に大量.のカフェインが含まれ、一.時的に交感神経を刺激し、興奮状態になり、「元気が出たような錯覚」を起こすのです。
 原料の大半は化学合成栄養素と甘味料、酸味料等の化学合成添加物と蒸留水にカフェインを加えたもので、製品によっては炭酸が加わり、極端な表現をすれば「化学物質と水」で作られた飲料水といっても過言ではないでしょう。

 化学薬品と同様に、長期問飲用すると自己治癒力が低下し、生理機能も低下します。 
 従って、毛母細胞に対する有害性はスポーツドリンク剤と共に、はかり知れいものがあります。 
 そして「栄養は自然のものでなければ、吸収されて身につく栄養にはならない」ということも、肝に銘じてほしいものです
posted by ミラクルポリス at 06:56| Comment(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする